参加高校

分科会テーマ2 グループD

日本(愛媛県) 愛媛県立松山南高等学校

学校紹介動画

発表要旨

タイトル 家具に使用できる免震ゴムの作製
調査内容 調査理由 地震発生時に家具の転倒、落下、移動により負傷した人が3〜5割いたという統計から、免震ゴムを家具に設置することでその被害を減らせないかと考えたから。
調査方法 全12種類の免震ゴムを自作し、実験をして家具に揺れを伝えない条件を調べた。
調査対象   
調査結果 ・潤滑油あり、円形の免震ゴムを家具の底面の四隅に置くと家具に揺れを伝えにくかった。
・免震ゴムの直径を変えると揺れを伝えにくい免震ゴムの厚みが変わることが分かった。
問題点 ・簡易的に実験を行うために風船を用いて免震ゴムを作っているが、耐久性に乏しく改良する必要がある。
・簡易的な実験のために鉄板を床としたが、フローリングや畳のような一般的な床材にも用いることができることを確かめないといけない。
アクションプラン ・耐久性に優れており、一般的な床材にも対応している免震ゴムを作製する。
・地震の際に家具による被害が多いことを周知し、免震ゴムの家庭への普及に努める。
このページのトップへ